年金額を増やす方法

スポンサードリンク

ゆとりある老後の生活資金

定年退職後に始まる老後生活。
年金は多くの人にとって、老後生活に必要な資金の柱のひとつとなっています。
貯蓄や、そのほかの収入が潤沢にあればそれほど気にならないかもしれませんが、受け取れる年金額が多いに越した事は無いでしょう。

 

平均寿命が延び、老後と呼ばれる期間が長くなればなるほど、月々にわずかづつでも年金受給額が増えれば、生涯受け取れる年金額の総額は、結構な金額にのぼると思われます。

 

何倍にも年金を増やせるわけではありませんが、制度を知っているだけで、年金を多く貰える方法、年金を増やせる方法を紹介しています。

年金を増やす方法エントリー一覧

老後に必要な資金
老後に必要な資金について、以前にもサラッと紹介しましたが、年金についての様々なお話の前にもう一度おさらいをしておきましょう。老後を夫婦2人で生活すると想定して一か月の生活費を予想してみます。食費で 約5〜6万円水道・光熱費が 約2万円生活に必要な物の購入費が 約1万円これらに加えて、衣料品や保険料、交通費や通信費、住宅ローンもしくは家賃、医療費などを合わせると、必要最低限の出費だけで約23〜26万円は必要になります。さらに趣味や楽しみに使うお金を考えると、ゆとりのある老後生活のためには、月に約3...
年金の種類
定年退職以後の老後生活に必要な生活資金となる年金。老後生活の中で安定した最大の収入源となる方も多いことでしょう。しかし年金には、いろんな種類があり、きちんと区別できている方は意外と少ないようです。今回は、様々な年金を主な2種類に大別して紹介します。1つは、公的年金と呼ばれる年金です。国民年金や厚生年金、共済年金など、国が社会保障など給付として支払うものです。聞き覚えのあるものが多いでしょう。これらは加入対象者の職業によって区別します。国民年金は、主に自営業や専業主婦、フリーターが加入します。厚生...
年金は何時いくら貰える
老後の貴重な収入として、年金をあてにしている人は多いでしょう。しかし、年金がいついくらもらえるかきちんと把握できていますか。老後生活について必要な費用については漠然とでも想像できるでしょうが、年金がいつからもらえるのか、希望的予測しかしないでいると、老後の計画だって狂う可能性が高まります。この機会に受け取れる金額や、いつから受け取れるのか勉強しましょう。年金と一言で言っても様々な種類があります。その中でも一般的に年金と呼ばれている公的年金だけでも、国民年金、厚生年金、それに共済年金があります。そ...
年金未納だと
年金未納問題が現職の国会議員をも巻き込んで、大きな社会問題となったことを覚えている方も多いことでしょう。しかし、年金を収めずにいるとどうなるか、正確に答えることができる人は少ないようです。単に、老後に年金がもらえなくなるだけでなく、年金がもらえないことでどのような事態が起こり得るのか考えていきましょう。国民年金は、日本国民である以上加入することが義務とされており、20歳を過ぎたら60歳までの期間支払い続けることになっています。しかし最近では、国の財政事情や少子高齢化などから、将来的に年金が受けと...
公的年金
平均寿命が男女共に世界一の日本。しかし、この喜ばしい記録の裏側は定年退職後の老後と呼ばれる期間も世界一の長さであることを忘れてしまいがちです。老後、ゆとりある生活を送るためには、安定した経済的基盤が欠かせません。老後の収入の柱となるのが年金です。しかし、長引く不景気や少子化の影響を受け、年金の給付額は年々減少傾向にあるというのが現状でしょう。公的年金だけで大丈夫なのか?不安になることはありませんか。はっきり言って、公的年金だけで老後生活を送っていくのはかなり厳しいでしょう。現制度のもとで、公的年...
個人年金とは
個人年金を一言で説明するなら「公的年金以外で、個人的に生命保険会社で加入する年金保険」のこととなるでしょうか。もちろん個人年金にも種類がありますが、基本的には月払いもしくは年払いで支払った保険料を老後に分割して受け取っていくという仕組みです。種類があると説明した個人年金は大別すると2つのタイプに分けられます。終身タイプの個人年金と、一定期間タイプの個人年金です。生命保険会社がそれぞれに、特徴ある個人年金として販売していますが、主にこれら2つのタイプのどちらかだと言えるのです。終身タイプの個人年金...
変額年金保険
個人年金には、保険会社ごとに様々な種類があります。老後の安定した収入のため、個人年金に加入する人は年々増加していますが、個人年金の中でも、変額年金保険には、ちょっとした注意が必要です。公的年金は、勤務先や加入年数によって違いはあれど、受け取る年金額は一定です。対して、変額年金保険は、その名の通り、運用次第で老後に受け取る年金額が変わります。長年払い込んだ額より大きく増える可能性がある一方、払い込んだ元本を割り込んでしまう可能性もある個人年金です。長引く不況で低金利な定額年金よりも、変額年金保険の...
個人年金の選び方
個人年金を老後の生活資金として検討している人は多いと思います。公的年金だけでは、現在の国家財政から見ても、ゆとりある老後生活を送るのは難しい現状にあるのは明白です。一人一人が自分の将来のために、何らかの対策、備えをしておくのは、もはや当たり前のことと考えるべきなのでしょう。個人年金は、老後の生活資金の柱として、現状考え得る最善の手段の1つです。定年退職後、安定した収入の1つとして、公的年金と合わせて個人年金を利用するわけですが、その個人年金は確実に受け取れますか?個人年金は生命保険会社が販売して...
任意加入
年金を満額受け取るには、40年間保険料を支払い続けなければなりません。ということは、定年を60歳と考えると、20歳から国民年金保険料を払い始めないと満額受け取れない計算になってしまいます。現行の年金根緯度では、20歳を過ぎたら学生であっても国民年金に加入することが義務付けられていますが、平成3年3月以前の学生や、昭和61年3月以前の専業主婦には、国民年金の加入義務はありませんでした。つまり、該当する人は、加入したくなければ加入しなくても良かったのです。この制度の変更によって年金を満額もらえないと...
国民年金基金とは
国民年金基金という年金制度を利用して、年金を多く貰うことができます。平均して20年に及ぶ老後生活をゆとりある暮らしをしようと思えば、年金を少しでも多く貰うことが最も確実で、安定した手段となるでしょう。国民年金基金も年金を多く貰うための方法です。公的な年金制度となりますので、裏ワザでも何でもありません。加入対象者は、第一号被保険者となります。第一号保険者は基礎年金部分の加入しかできません。ここが、第二号被保険者との大きな違いです。つまり、厚生年金並みに年金を受給したければ、自分で年金に加入しなけれ...