認知症ケア専門士

スポンサードリンク

認知症ケア専門士と介護

認知症ケア専門士という資格があるのをご存知でしょうか?
この資格は「日本認知症ケア学会」が認定している認知症ケアの専門家のことですが、平成17年に実施された新しい認定資格として知られています。
高齢化社会が進み、認知症患者が増えるであろうと想定されている日本では、今後重要視されていく資格の一つとしても注目を浴びているようです。
比較的新しい資格なのでその内容や取得の仕方などは、まだあまりよく知られてはいません。では、どうすればこの資格が取得できるのか、少し紹介してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

まず知っておかなければならないのが受験資格についてです。
この資格は誰でも受験できるという資格ではありません。
日本認知症ケア学会のホームページより抜粋すると「認知症ケアに関連する施設、団体、機関等において試験実施年の3月31日より過去10年間において3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者」と定められていることが分かります。
受験のために専門の学校などで履修する必要はないようですが、定められている年数以上の実務経験が必要となるのですね。
認知症ケア専門士の受験は二段階に分かれていて、筆記試験にあたる「第一次認定試験」に合格後、論述や面接などの「第二次認定試験」を受験します。
第二次認定試験に合格後、登録申請を行なって初めて「認知症ケア専門士」の資格を取得することができるシステムとなっているようです。
受験できるのは年に一度しかなく、申込をすれば夏に第一次試験を受験し、合格後、秋に第二次試験を受験する流となっています。

 

資格を取得後は生涯学習となり、30単位を5年間で取得すれば、認知症ケア専門士の資格を更新することができます。
試験に出題される問題は、いくつかの単元に分かれています。
基本的な知識となる「認知症ケアの基礎」、「認知症ケアの実際T総論」「認証ケアの実際U各論」「認知症ケアにおける社会資源」の中から、それぞれ選択され出題される傾向にあるようです。

 

「認知症ケア専門士」の資格は、基本的に認知症のケアも行なえる施設や団体・機関などに既に従事している人を対象としている資格となります。
ですから、一般の方が取得することはできませんが、介護などの分野で活躍している方には、是非取得を目指してもらいたい資格の一つとも言えます。
認知症ケア専門士の資格を取得しておけば、認知症に対しての知識を十分持ち合わせていると学会から認めてもらうことができ、また、自分に対する自身や評価を高めることもできるので、他の介護スタッフに指導的なことを行なうこともできます。
専門的な高度な知識を現場に広めることにより、介護現場の質向上にも貢献することができるのですね。

認知症ケア専門士と介護関連記事

認知症とは
認知症は、一昔前まで痴呆と呼ばれ、知能・記憶力・見当識力の低下による障害のことです。65歳以上のいわゆる老後に多く見られる脳障害の一種です。症状や発症状況、治療に関する情報を紹介します。
認知症のチェック
老後や退職後に多く見られる、認知症のチェック法を紹介します。 認知症は初期段階ではなかなか気付きにくいため、チェック表で調べてみるのも良い方法です。
アルツハイマー型認知症
アルツハイマー型認知症は、日本でも多く見られる認知症のひとつです。 アルツハイマーは発病すると、治す治療法はまだ無いため、早期の発見による薬物療法しかありません。症状と治療法について紹介します。
レビー小体型認知症
認知症にも種類があります。三大認知症のひとつ、レビー小体型認知症について紹介します。 パーキンソン病との関連や、症状、治療法、介護のヒントもあわせて解説します。
認知症の予防法
老後に多く見られる認知症を予防する方法を紹介します。 日々の生活の中で意識するだけでも、認知症の予防になることがたくさんあるのです。
認知症ケア専門士と介護
認知症とその介護は。老後の生活のうちで最も不安な問題でしょう。例え家族であっても、認知症患者の介護は相当な負担となります。 認知症ケア専門士という資格者は、認知症患者の介護を行ううえで、きっと大きな助けとなるはずです。