老人ホームの費用比較

スポンサードリンク

老人ホームの費用格差

老後,費用,比較,老人ホーム,生活費

老後という残りの余生を暮らす場所として、入居する老人ホームを選ぶというのは簡単なことではありません。
入居時には健康であっても、将来、思うように体が動かせなくなり介護が必要となるかもしれない、他の入居者とそりが合わない、老人ホームの雰囲気などなど様々な観点から慎重に比較検討することが大切です。
しかし、最も重要な要素は費用、お金のことではないでしょうか?
今回は有料老人ホームと特別養護老人ホームを、入居にかかる費用にスポットを当てて比較してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

どちらの老人ホームでも、費用は必ずかかります。食事サービスや介護に始まって、生活全般にわたって様々な場面で色々なお手伝いをしてもらうのですから、無料というわけにはいかないでしょう。
入居にかかる費用は有料老人ホームのほうが、民間会社が運営しているため割高に設定されているようです。
まず、入居時に「入居一時金」が必要となります。そして、毎月の施設利用料、紙おむつが必要な方には紙おむつ代、病気や怪我で医者にかかったときにはその医療費などを、別途諸経費として請求される場合があります。
毎月の施設利用料についても、それぞれの老人ホームが独自に定めていますが、25万円前後というのが相場のようです。

 

特別養護老人ホームの費用には、地方自治体や社会福祉団体が運営しているため「入居一時金」はありません。
毎月の利用料もホームによって多少の差はあるようですが、大体10万円前後と、有料老人ホームの半額よりもまだ安く設定されているところがほとんどです。

 

このように老人ホームを費用という一面から比較すると、特別養護老人ホームのほうがはるかに安くなっています。もちろん、費用のことだけで老人ホーム選びをすれば失敗してしまうこともあるでしょうが、現実、特別養護老人ホームはいつ入居できるのか予測もつかないほど、入居を希望する人が殺到しているのです。
提供されるサービスの内容や質、それに老人ホームのスタッフとの相性や習熟度など、老人ホームを選ぶ際には検討すべきポイントがいくつもありますが、それらの不満点も妥協できるほどに2つのタイプの老人ホームでは、入居にかかる費用の差が大きいのです。


老人ホームの費用比較関連記事

老人ホームについて
老人ホームで老後生活を送る選択をする人も多いでしょう。老後の生活を快適に安心して送るために、老人ホームの選び方、ポイントを紹介します。老人ホーム選びは慎重に。
老人ホームの種類
老人ホームの種類を知っておくことは、適切な老人ホームを選ぶためには欠かせない知識です。快適で安心な老後生活のためにも、老人ホームの種類の基本的な知識は身につ受けておきましょう。
特別養護老人ホームとは
特別養護老人ホーム、省略して「特養老人ホーム」とも呼ばれる老人ホームについて紹介。提供されるサービス内容から、入居資格、そして特養老人ホームの現状を紹介します。
有料老人ホーム比較
有料老人ホームを提供されるサービスで比較してみましょう。3タイプの有料老人ホームから、快適、安心な老後生活をおくれる最適な老人ホームを選ぶための情報です。
老人ホームの費用比較
老人ホームの費用を比較しています。老後の生活資金は限られたものですから、住居にかかる費用はできるだけ少ないほうが良いですよね。老人ホームの入居にかかる費用はいくらが相場なのでしょう。