特別養護老人ホームとは

スポンサードリンク

特養老人ホーム

老人ホームや介護施設が建築中なのを時折見かけます。時には「ちょっと変わった外装だな」と思っていると、それが老人ホームだったりして少なからず驚くこともしばしばです。
建物だけでなく、老人ホームの社会的な位置づけが変わってきているのだと思います。家族形態もどんどん核家族化し、年老いた親の面倒を見るということは、よい老人ホームに入居させることになっているようにも思います。
良い老人ホーム選びには、老人ホームの知識は欠かせません。簡単ではありますが、特別養護老人ホームについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人が運営している老人ホームです。民間会社の運営と、いわば公営の違いと考えてよいでしょう。
入居対象となるのは、65歳以上で介護を必要とするお年寄りです。しかし、介護が必要な状態であっても、入院して治療が必要であったり、伝染性疾患である場合は入居できません。
寝たきり老人といわれる高齢者が、特別養護老人ホームの入居対象者なのです。
特別老人ホームへの入居の現状はあまり芳しいものではありません。介護を必要とし、入居を希望してもすぐには入居できないのです。入居まで何年も待っている人が非常に多いとも聞きます。
これは、入居者の介護の必要性が高い人から優先的に入居させていることが原因です。先述したように特別養護老人ホームは、いわば公営の施設ですから月額費用も安く設定されています。
ほとんどの部屋が相部屋であったりと不便な面がありますが、入居者がたくさん多く、一体いつになったら入居できるのか見通しさえ付かない状態となっているのです。
入居の順番を待っている間に、亡くなる人もいるのではないでしょうか。

 

寝たきり老人の在宅介護は家族の負担がかなり重いものです。親孝行であるとかそんな気持ちの問題では解決できないほど、精神的、肉体的な負担、周囲からでは計り知れない苦労があるのです。
行政の役割、必要な社会福祉として、特別養護老人ホームの施設を充実させ、入居者全員を受け入れられるものになって欲しいものです。

特別養護老人ホームとは関連記事

老人ホームについて
老人ホームで老後生活を送る選択をする人も多いでしょう。老後の生活を快適に安心して送るために、老人ホームの選び方、ポイントを紹介します。老人ホーム選びは慎重に。
老人ホームの種類
老人ホームの種類を知っておくことは、適切な老人ホームを選ぶためには欠かせない知識です。快適で安心な老後生活のためにも、老人ホームの種類の基本的な知識は身につ受けておきましょう。
特別養護老人ホームとは
特別養護老人ホーム、省略して「特養老人ホーム」とも呼ばれる老人ホームについて紹介。提供されるサービス内容から、入居資格、そして特養老人ホームの現状を紹介します。
有料老人ホーム比較
有料老人ホームを提供されるサービスで比較してみましょう。3タイプの有料老人ホームから、快適、安心な老後生活をおくれる最適な老人ホームを選ぶための情報です。
老人ホームの費用比較
老人ホームの費用を比較しています。老後の生活資金は限られたものですから、住居にかかる費用はできるだけ少ないほうが良いですよね。老人ホームの入居にかかる費用はいくらが相場なのでしょう。