老後の生活資金

スポンサードリンク

生活資金の試算

老後,生活,資金,年金,不安

老後の生活というのは、一体いつごろから始まるものなのでしょう。老後の生活資金として、長年払い続けた年金受給の資格を得たときからでしょうか?定年延長などにより、多くの人が定年を迎える65歳からでしょうか?しかし、65歳まで働くという人よりも、60歳で退職する人のほうがまだ圧倒的に多いので、還暦を迎える60歳からの人生を、老後と呼ぶのが一般的なようです。第二の人生とも言われる『老後』に、不安を抱く人も多いことでしょう。老後の不安について現状を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

ポータルサイトとしても有名なgooリサーチと、日刊工業新聞が共同で行った老後の生活に関するアンケートの一部を紹介します。この老後の生活に関するアンケートでは、老後の不安の第一位は『生活資金(85%)』という結果が出ています。第二位が『健康面(55%)』ですから、定年延長しても働くという人が多いことや、定年後も再就職先を探す人が多いのも、納得できます。老後の生活資金が老後の生活にとって、これほど不安視される原因は何なのでしょう。

 

医療制度の充実や、食生活の変化によって世界でも有数の長寿大国である日本。日本人の平均寿命はいまや、世界トップの長さを誇っています。仮に夫婦二人で85歳まで生きるとすると、60歳から始まる老後の生活は25年間に及びます。同じアンケートによれば、夫婦二人での一ヶ月の生活費には40万円が必要だという結果が出ています。一ヶ月に40万円ということは、1年間で480万円、25年間では1億2千万円もの生活費が必要だということになるのです。
長年支払い続けてきた年金のうち、国民年金を受給できるのは現行制度では65歳から。老後のスタートする60歳からでは5年間も、当てにすることができません。60歳からでも年金を受給する制度はあるのですが、年間の受取額が減ってしまうのであまり利用されてはいないようです。定年退職者なら厚生年金もありますが、こちらも国民年金と同様に支給開始年齢が、年々引き上げられているというのが現状です。後期高齢者医療の問題など、社会問題となっているものも多々ありますが、必要な生活資金を計算してみると、老後の不安の一位に生活資金があげられるのは、当然の結果だと言えるでしょう。

 

25年という期間は平均的な数字なので、個人差があり多少前後することもあるでしょうが、かなりの金額の生活資金を準備しなければならないということに間違いはなさそうです。支給される年金額はある意味収入で決定しますし、老後資金の貯蓄のためにも若い時の働き方、仕事についてもよく検討する必要がありそうです。


老後の生活資金関連記事

老後生活の心配事
老後の生活での心配事や注意すべきことを紹介します。健康面や精神的なゆとりなど、老後を安心して過ごすためには、まず収入面での注意が大切です。
老後の生活資金
老後の生活で一番の不安材料が、生活資金の問題だと言われています。年金という制度もあるのに、生活資金が不安になる原因とは。老後の生活に必要な資金の実情を紹介します。
老後資金の増やし方
老後資金にいくら必要なのかを理解したら、次は老後資金の備えをしましょう。年金だけに頼っていては生活苦は目に見えています。FXや株取引以外にも、老後資金の資産運用に最適の、個人年金保険について紹介します。
初心者向けのミニ株
老後の資産運用のひとつとして、株取引を始める人が増えています。しかし、いきなり何十万円もの資金を投資するには不安もあることでしょう。初心者向けの株取引、ミニ株を活用して、株取引の経験と必要な知識を学びましょう。
節約で貯める老後資金
定年退職後の老後生活資金に備える、資産運用と並ぶ大切な貯蓄。老後の生活資金を貯める効果の高い節約術を紹介します。
老後海外生活
老後を海外で生活するための注意点。海外移住のための情報やロングステイの活用法を紹介します。老後海外生活を始めるために、ぜひ知っておきたいこと。
おひとりさまの老後
おひとりさまの老後生活は考え方を変えるだけで大変充実した暮らしを送ることができます。一人だけの老後を寂しいとは思わす、気楽なときを過ごせるのだと前向きに過ごしましょう。